実業団 親睦団体戦

初めて出た実業団(親睦)団体戦

実業団団体戦

実業団は女子が少ないからだろうか。

 1.混合ダブルス
 2.男子ダブルス
 3.混合ダブルス

女子2人+男子4人で参戦。

第1試合 混合ダブルス

ストレート勝ち。
レベル的に相当な余力あり。
最初コートが見にくくて、安易な失点をしまい反省。

第2試合 混合ダブルス

ストレート勝ち。
レベル的に相当な余力あり。
なかなか体が温まらず、このゲームも安易な失点をしてしまい反省。

レベル差のある相手に対して、
もっと点数を抑えて勝たないといけないと思った。

第3試合 混合ダブルス

20代前半の男子と組んだ。
ストレート勝ち。

トッパンせず、普通ローテで。

序盤、自分のサーブの質が良くて楽だった。
相手の力量はそこそこで、
しっかり打ってきたけど、
レシーブは簡単だった。

後ろに下げられた時。
ラウンド側のクリア。
凌ぐことはできたけど、
凌いだだけ。

もしそこで失点が始まるようなら、
なすりつけて前に逃げるつもりでいた。

決勝

私は温存、ニコロで負けてチーム準優勝。

やった、全勝で終わったv

シングルス

珍しくシングルのある団体戦。

女子ダブルス

個人的には余力があった。
でも勝てなかった。

ミックスダブルス

若い相手に奮闘したがファイナルであと1点に泣いた。

シングルス

18歳の子相手に、めっちゃくちゃ善戦した!
想像以上に動けたので満足。

女子ダブルス個人戦

1部で04と参戦。
2部エントリーのはずが枠が埋まらないとのことで
本部から1部変更の依頼を受けた形。

第1試合

若い女子2人相手。1人は左利きで打力があり動きも速い。もう1人は見た目より粘るタイプでしっかりしたプレイをするものの、腰痛を勃発して途中から動きが悪かった。
狙い打ちにすれば勝てたかもしれないが、そこまで痛みで苦しんでいると知ったのは負けた後だった。

1セット目を落とし、2セット目を取り返し、ファイナルを落として負けた。

第2試合

若い女子2人相手。1セット目を簡単に落とした。2セット目はオールロングばりのラリーで粘ったものの、ストレート負け。

第3試合

1977年ロンドンのウェンブレーにて全英オープン選手権ダブルス優勝者との対戦。
番手勝ちしたが、この1戦は実りあるものだった。
返球の持っていきどころ、勝負の仕方。ペアの使い方。勉強させてもらった。

第4試合

覚えてない。

結果、箱で4試合、1勝3敗け。

敗け越しでしたー。

ミックス個人戦

2部でパートナーと参戦。

第1試合

ストレート勝ち。
相手の女子には近々で2連勝中。
男子は若くて動けるが、

上手く逃げ切ることができた。

第2試合

敗けた。
相手の男子は背が高くて若くて速い。
ラウンドからのどストレートのスマッシュに対応できない序盤、
打たれる苦手意識を植え付けられた。

でも1セット目を先取。

「上げないように」

この課題が自分とパートナーを苦しめた。
普段、オールロング的なミックスをしているので、
ハーフを使うと、グダグダになった。

ハーフして、
前に入っても後ろにパートナーおらず。
前に入らなければセンター抜かれる。

簡単に2セット目を落とした。

ファイナルは5点打ち切り。

1-4でリードを許すも、
そこから追い上げ4-4.

チャンス球を前衛の私が決めきれず、
上がってきたシャトルをパートナーが打ち込み、
それが女子のボディへ、
そして返球を触れず、終了。

第3試合

2年ほど前に、うちの練習会に来たことのあるペア。
でも覚えていないのか、挨拶もしなかった。

怖くないことはわかっていたので、
男性がバックハンドで触ったら、
二人して前に詰めて潰そうと話した。

箱で1つ負けてるし、
2位で抜けることは確実と思っていたので、
体力温存しようとしたのか、

結構点数を与えての勝利となった。

決勝1

緩かった。でも床が滑って仕方なかった。

決勝2

男性が左利き。
ちょっとやりにくかったけど、
問題なくクリア。

準決勝

知り合いのペア。
練習では負け越している感あり。

結果、大差をあけての勝利。

勝因は、
なんだろう。わかんない。

決勝

身内対決、敗れた。
私の見立て。

相手男子の手札が多すぎ。
二人、頭良すぎ。

うち、手札少なすぎ。
二人とも、頭悪すぎ。

おしまい。

女子ダブルス個人戦

2部でE姉さんと参戦。

第1試合

ストレート勝ち。
内容、相手さえ覚えてない。

第2試合

ストレート勝ち。
内容、相手さえ覚えてない。

決勝1つめ

ストレート勝ち。
友達のペアと対戦。

序盤、私に球が集まった。
全てしっかり返球することだけ考えた。

ムダに自分が触らず、
E姉さんにシャトルを触る回数を増やしてもらった。

すると、相手の狙いが散り出した。
それが勝因。

準決勝

この日一番、ヤバかった試合。
中学3年生(のはず)と、私と同年代のマダム。
1セット目を簡単に落とした。
(中学生に上げすぎて打たれた)

2セット目、上げるのを抑えて、
なんとか取り返した。

ファイナル。
マダムを徹底的に動かす戦法。

はまった。
余裕なし、
こーとも相手も見えず。

ぶらさがったまんまでの勝利。

決勝

出来が良かった。
なぜだろう。

(悪いところも、情けない場面も多かったけど)

打ちまくった。
打ったら展開が良かったらしく、
それを褒められた。

普段より攻撃的だったらしく、
「もっと攻撃しましょう」

と言われた。

覚えておこう。

おしまい。

女子ダブルス個人戦

1部でE姉さんと参戦。

第1試合

第1gameは、良い攻撃が出来て競ったものの、
終盤でミスが続き落とした。

第2gameは、相手が作戦をガラリと変えてきた。
ハーフを多用され、
あまり強い羽根を打ってこなくなった。
対応できず、結構大差で負けた。

第2試合

第1試合の反省を踏まえて挑んだものの、
またもや同じ展開で負けた。

1gameは、良い攻撃ができて先取。
2gameは、あっさりと落とし、
ファイナルは、これまた簡単に負けた。

第1試合の反省とは。
ハーフを使われた時に、
 ・前をつぶしにいく
 ・されたハーフを上げない
いずれかの対応をしないといけないと言われたこと。
相手の速度や緩い羽根回しに自分のテンポを持っていかれてたいけない。

その反省を踏まえて挑んだものの、
まったく同じ展開になった。

どうする、どうすると考えてはみるものの、
やることなすこと裏目、裏目。

対戦相手は勝手知ったる仲間であるにもかかわらず、
一切、読めない。
つぶせない。

情けない自分だった。

第3試合

場違いにギャーギャー言う二人組で、
これが最後まで続くのかと、うんざりした瞬間、
相手が肩をいわして棄権した。

第4試合

敗けたけど善戦できた。
前をつぶしに来るのが上手い相手に、
途中から後ろで勝負に出たのが功を奏した。

ただ、そうなると体力の削り合いになるので、
自分が最後まで耐えれるのか?
やってみたら、なんとか耐えれた。

チェンジエンドの時、対戦相手が、
「(相手)レシーブ固いから。」
と言っているのが聞こえた。

そこからあまりスマッシュを打ちこまれた記憶がない。

反対に考えると、
その展開が私は苦手だ。
ミックスで速い球には慣れているので、
ガンガン打ってくれた方が助かるのに。

女子ダブルスで強くなるためには、
前後・左右の揺さぶりに対応できるように、
精進しなければ。

感想

1箱5チームの総当たり。
1ペアを除き、
全員が全日本シニア出場者で、ほとんど同年代。

私だけ、
ヘボかった。

朝、プログラムを見た時に、
これはヤバい。しょうもない自分を出して負けるのだけはやめよう。
そう思った。

パートナーの包容力と采配で、
悪い自分を出さずに1日、しっかり楽しむことができた。

勝てなかったけど。

感謝。

団体戦

第1試合

女子ダブルス。

・レシーブを周囲から褒められた
・ロブを周囲から褒められた
・自分自身は、なにをどうすればいいかわからないまま負けた。

第2試合

女子ダブルス。

・レシーブを周囲から褒められた
・危機管理がなってないと周囲から言われた
・ペアにチビった
・相手強かったけどファイナルに持ち込めた
・自分らしさのカケラも出せない試合だった

第3試合

ミックス。
腰痛によりパートナー不在のため、
他の男性と組んだ。

・好きに動いていいよと言われた
・合わせるからと言われた
・よく重なった
・でも勝てた

感想

とにかく、1日が長く感じられた。
試合は選ぼう。改めて。

女子ダブルス個人戦

久しぶりの女子ダブルス個人戦。
時間が経ってしまって詳細は不明瞭。

第1試合

2-0で勝利。
なかなか手ごわかったが、なんとか逃げ切り。

第2試合

2-0で勝利。
相手さえ、覚えてない。

第3試合

2-1で勝利。
ファイナル5点のローカルルール。
上手いこと逃げ切れた。

相手の女子の一人が、
どえらく怖くて、
パートナーがチビっていた。

握手の時に
「クソっ。」
と言っていた。

気持ちはわかるが、
その精神力が敗因だと思った。

決勝リーグ1

1-0で勝利。
21点1セットのローカルルール。
さほど。

準決勝

0-1で負けた。
戦略入れ込めば勝てた。
でもうちらはその段階ではなかった。

3位決定戦

身内対決を制して3位決定。

感想

時間が経って記憶にさほど残ってない試合が多い。
なぜだ。

ミックス個人戦

(箱)
5チーム総当たり
15点3セット(延長なし)

(決勝T)
21点1セット(延長あり)

第1試合

過ぎてみれば、
箱の中で一番強かった相手と最初に対戦してたのだ。

女子のレシーブ固く、
全体的に長いラリーで削り合い。
序盤から最後まで、上からのショットの精細を欠く私。
打てばネットにかかるか、ホームラン。
フラットに当てれず、ラケット振れず。

理由?
わからない。

1.15点ということに意識を持っていかれた
2.始まる前にリバースカットのお題を出された

いや違う。
レディースのウエアが悪かったのかも。

苦しくも2-0で勝利。

第2試合

覚えてない。
自分の調子が悪い事だけしか残ってない。

2-0で勝利。

第3試合

”男子は爆速スマッシュ打つ”

という前情報。

”男子に触らせない”
”女子をつぶす”

珍しく相方がそんな事を言い出した。

それがおもしろい様にはまり、
圧勝。

爆速スマッシュは、1度もお披露目されることなく。
まったく上から打たせることがなかった。

こんなこと、できるのか。
自分で自分達に驚いた。

2-0で勝利。

第4試合

女子が知り合い。
私の調子はど最悪。

後衛に回るとダメなので、
トッパン気味にしてみたら、
その方が楽だった。
2-0で勝利。

決勝1

決勝に入って、
やっとラケットが振れるようになった。
しっかりしたショットと動きができるようになった。

準決勝

女子が強いオーラ満載に出してきて、
最初少しびびった。

でも、ぜんぜん大丈夫だった。

決勝

1年ほど前に練習で対戦したことのあるペア。
あの頃は、鼻で笑われるかのごとく、
ボコられた。

トッパンしてたので、
クリアとカットだけで負けてた気がする。

今回はトッパンではなく普通ローテで挑む。
どこまで食らいつけるか、
やってみないとわからないと思った。

序盤、ずっとリードされ、
中盤で追いつき、

そこからは行って来いのシーソーゲーム、
最後は自分らが出してしまって、
2点に泣いた。

・相手はバックアウトのジャッジ完璧
・こちらはバックアウト、ジャッジできず

この差が大きいと感じた試合だった。

あと、女子がスマッシュを対面が男子でもストレートにしっかり
打ってきたのが印象的だった。

”手の届かない相手ではなくなった”

”また〇〇の練習会で。”

そう言ってもらえてうれしかった。

この1戦は、今後の糧になる。
しっかり自分の中に落とし込もうと思う。

おしまい。

決勝戦の模様
http://www.badmin-life.com/2017/08/28/sanda-mix-t/
※私のアメブロハンドルネーム+私の生年月日(西暦)8ケタ

ミックス個人戦

2回目の出場となるお楽しみミックス個人戦。
某社会人クラブ主催のお祭的な試合。
今年もお誘いしてもらい、参加してきた。

第1試合~第3試合

第1試合 2-0
第2試合 2-0
第3試合 2-1

正直、負けることは想定せず。
セットを落として危うい場面もあったが、
全勝で最終試合へ。

第4試合

過去の戦績、1勝4敗。
対戦相手は勝手知ったるT夫婦。

勝てるかどうか、
やってみないとわからなかった。

過去の対戦は全て、こちらは完全トッパン。
今回はじめて普通ローテで挑んだ。

いつも通り、狙われまくったが、
ボコスカ上げまくって凌いだ。

T夫婦もトッパンなので、
大きく左右にレシーブできれば、
なんとかなった感じ。

結果、2-0で勝利。

決勝リーグは無くて、
箱で完結。
全勝で、優勝。

感想

私の体は良く動いていたと思う。
パートナーの動きも良かったと思う。
暑さにめげず、最後まで動き続けることができた。

ただ、それだけ。

おしまい。