泉北3ミックス

昨年も参加させてもらった3ミックスの大会。
今年は昨年とは違う組閣での出場。

全試合を全てコート後ろから録画した。
普通ローテの検証をしたかったから。

個人戦績、全勝。
内容は、普通。

第1試合

わたしの悪いところ。
試合開始、すぐのラリーを失点する。

果敢に前衛で深いところまで止めにいってる。
それはよしとして。
止めにいくのが仕事になってて、
結果が悪い。

そんなことしなくていいから、
確実に 落とす 上げさせる

ミックスは、それだけに徹するほうがよい。

とはわかってても、
やってまいます。

どこかで以前対戦したような。。。
その対戦では、負けたと記憶している。

今回は、普通にストレート勝ち。

第2試合

男性のラケットワークが不思議で、
序盤は少し翻弄されたか。

でもすぐに慣れて、
ラケットの最後の面だけ見て止めにいけば、
はまった。

相方も即座に詰めてくれて、
よい展開になることが多かった。

ストレート勝ち。

第3試合

知り合いのペア。
対戦するのは初めて。

たぶん、以前の私なら負けてた相手だと思う。

今回は、普通にストレート勝ち。
たまたまか。次は負けるのかも?

3試合とも、対戦チームの大将と当たらなかったので、
勝たせてもらった感。

大将と当たったチームメイトの試合を見ることが、
とても勉強になった。

試合の運び方、間の取り方。
パートナーとのコミュニケーションの仕方。
サーブ前出しの男性の役割。

先輩方のミックスを間近で拝見できて、
よかったと思う。

私たちは90ミックス。
先輩方は100ミックス。

はたして、数年後、
あんな動きをすることができるのだろうか?
自信ない。

おしまい。